Luaina 〜幸せの場所〜



これまでのふたりの人生で、みなさまがいるから

いま 自分たちはこうして幸せで居られる、

そんな最愛なる方々へ感謝をしっかり伝える場が

結婚式という日にしたいと想いをお話くださった

おふたり。



ゲストの年齢層が幅広いため

安心感のあるホテルをご希望されていました。

その中でもホテルだけど、白と木目を基調とした

シンプルな披露宴会場やレトロな雰囲気のある

ロビーのオシャレさ、アットホームな雰囲気から

トレフルブランを気に入ってくださいました。



挙式は、夫婦として始まりの日でもあるからこそ

厳かな雰囲気でみんなに

見守っていただきながら誓いを立てて

披露宴では、緊張感のないアットホームな雰囲気で

みんなで一緒になって楽しめる、

メリハリのある進行を考えていきました。



そこで、親御様への感謝は挙式の前に。

結婚式が始まる前に、親御様とおふたりだけの空間で

想いを伝えることをご提案いたしました。





挙式の前にご家族だけの時間があったからこその

入場前の新婦様とお父様の

リラックスした表情がとても印象的でした。






披露宴では、乾杯の前に

ゲスト一人ひとりへのオリジナルのカップ

「ル・スールカップ」をみんなでオープン!

一人ひとりの名前が書いてあったり、

一人ひとり色味の異なるカップに

みなさまとても喜んでくださいました。


披露宴の始まりに行うことで挙式の緊張感もとけて

アットホームなパーティーの幕開けとなりました。





新婦様が小さい頃、共働きだった親御様のかわりに

美味しい料理をたくさん振舞ってくれたおばあ様と

何か思い出に残る式にしたいと思っていました。


最初はおばあ様が緊張してしまうのではないかと、

妹様とおふたりで中座の予定でしたが、

せっかくなら..!と3人での中座をご提案。

おばあ様は、まさか自分が呼ばれると思っておらず

嬉しくて涙が止まらなかったと喜んでくださいました。






ケーキの入刀も、ただケーキに入刀ではなく

カップケーキを添えて、後ほど

ふたりが全員のゲストテーブルまで行き

撮影や会話を大切にしながら

カップケーキを配りました。






そんなサプライズ感のある演出も加えて

驚きや笑顔、時には感動をまじえた空間は

とても暖かかったです。




会場装飾は、

「当初予定していた

 ハワイ挙式ができなくなってしまったため

 海外挙式のような装飾にしたい」


「せっかくなら和装も着たいけど

 会場に合うかな、、」


という想いをふまえて、

グリーンを基調としたり

会場の照明をあえて暗くし

天井には電球を吊り下げたり

細かなアイテムにもこだわりながら

和装にも合うコーディネートを

一緒に考えていきました。




■おふたりの感想

あっという間の1日でしたが

本当に幸せな時間でした!

会いたい人に会えること、話せることが

こんなにも幸せなことなんだと

改めて感じることができました。

本当にありがとうございました!



ゲストの方を大切に想う気持ちが

表情だけでも伝わるぐらい

本当に心があたたかなおふたり。


打ち合わせはアイディアを出し合い進めていき

当日、おひらきの後に「幸せでした」の

お言葉を聞くことができ心から嬉しかったです。


私たちもおふたりの結婚式に

携わらせていただくことができて幸せでした!


この度は本当におめでとうございました。

末長くお幸せに... *